日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会) 特定非営利活動法人日本ライフセービング協会(JLA)

AKASHI S.U.C.が扱う学校制服は日本独自の文化です。しかし、私たちが健康と安全を願う子供たちに国境はありません。いま世界では不衛生な環境に暮らす1億人以上の子供たちの発育が阻害され、小学校に通えない子供たちの数は5000万人以上に達します。AKASHI S.U.C.はそんな厳しい環境下にある子供たちをバックアップするユニセフ(国際連合児童基金)への支援キャンペーンを開催しています。

子供たちの未来のために
WE Support unicef AKASHI S.U.C.はユニセフを応援しています。

ダミー

ユニセフ(国際連合児童基金)は、子供のために活動する国連の機関です。1946年の第1回国連総会で創設されて以来、世界中の子供たちの生命を守り、子供たちが心身ともに健康で豊かな生活を送れるようになることを目ざして活動しています。現在ユニセフは150以上の国と地域で、子供と母親のために、保健、給水、衛生、栄養、教育、子供の保護・緊急援助などの支援事業を各国政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。ユニセフは人種やイデオロギー、宗教、国籍、性別に関係なく、私たちの未来そのものである子供たちの幸福のために活動を続けています。

参加方法は簡単です。<富士ヨット学生服>をご購入いただくと、パンフレット(画像参照)が同封されています。裏面のハガキに必要事項を記入しポストに投函していただくか、パソコン・スマートフォンからアクセスしメールフォームに必要事項と表面記載のシリアルナンバーを入力するだけで、当支援活動に参加可能です。ご購入者からユニセフを応援しようという意思が届くと、<株式会社明石スクールユニフォームカンパニー>から1件につき500円を<公益財団法人日本ユニセフ協会>に寄付いたします。そのお金は世界中の厳しい状況におかれた子供たちのために役立てられます。<富士ヨット学生服>をご購入いただいた方々のハガキやメールをお待ちしていますので、ぜひ当支援活動にご参加下さい。
募金について
募金送信フォーム
富士ヨット学生服 ユニセフ支援キャンペーン

募金フォーム

公益財団法人 日本ユニセフ協会

ユニセフ(国連児童基金)は、第2次世界大戦後、日本の子供たちを支援した唯一の国連機関です。現在、世界150以上の国と地域で、子供たちの命を守り、健康な成長を確保するためさまざまな支援活動を展開しています。(公財)日本ユニセフ協会は、世界36の国と地域で、民間組織としてユニセフを代表し募金・広報・アドボカシー活動を行っているユニセフ国内委員会の一つです。

<ユニセフのホームページはこちら>



個人情報について

※ご入力していただいた個人情報は当支援活動「富士ヨット学生服 ユニセフ支援キャンペーン」以外の目的には使用いたしません。ご入力いただいた個人情報は、第三者には提供いたしません。ご入力いただいた個人情報は社内管理規定を遵守し安全かつ適切に管理いたします。当支援活動「富士ヨット学生服 ユニセフ支援キャンペーン」の個人情報に関するお問い合わせは、本社「スクール第一販売部」まで

PAGE TOP
サイトポリシー
個人情報について
お問い合わせ
ホーム