子供たちに「モノを大切にする心」を育んでほしい。

環境分野の活動家およびアフリカ人女性として初めてノーベル平和賞を受賞したケニア出身のワンガリ・マータイさん。彼女が2005年の来日の際に「もったいない」という日本語に感銘を受け、「MOTTAINAI」を世界共通語として広める活動をスタートさせました。その運動は日本の学校制服においても広がりを見せています。子供たちのモノを大切にする心を育む運動、それが「MOTTAINAI SCHOOL」です。

MOTTAINAI
長く着てもらうためのサポート+回収システム。

「MOTTAINAI SCHOOL」は認証のマークが付いている商品にのみ適用される、一着の学校制服をより長く着てもらうためのシステムです。まずは修理・成長対応のサービスがあること。修理に関しては、着用している際に万一破れなどが生じたら、購入したお店に持ち込んでいただければできる限りご相談に応じます。そして最大の特徴が、成長などによって着用できなくなった制服を回収するシステムがあることです。回収された制服は軍手や自動車防音材、吸音材、断熱材などに再利用されます。

4つの「Re」すべてを一語で表す「MOTTAINAI」。

Reduce(削減)、Reuse(再使用)、Recycle(再生利用)。この3つの「Re」の概念を表すのが「MOTTAINAI」です。さらにこの言葉にはもうひとつ大切な意味、「Respect(尊敬)」も含まれています。モノに対して敬意を払い、いつまでも大切にする……。それは子供たちに育んでもらいたい気持ちです。ワンガリ・マータイさんが、以上4つの「Re」を一語で表す言葉を世界中の言語で探してみましたが見つけることはできませんでした。日本人が古来より美徳としてきた「MOTTAINAI」の概念が、いま日本の教育の場でも脚光を浴びています。

prev
  • 一着の制服を長く着用できるように、耐久性に優れた素材を使用し、サイズ調整が可能な制服にすることで3年間を一着で過ごすことも可能です。
  • まだ着用できる制服は、必要な修理を加えて再利用します。
  • 着用できなくなった制服はゴミではありません。再資源化しやすい設計なので、軍手などに生まれ変わります。
  • モノを大切にする気持ち……。制服を通して環境について考える機会を与えると同時に、地球資源への感謝と尊敬の気持ちを育みます。
next
アフリカの植林活動をサポートしています。

MOTTAINAI SCHOOLの制服をご購入いただいた収益金の一部は、ケニアでスタートした植林活動「グリーンベルト運動」に寄付されます。この運動はワンガリ・マータイさんが環境保護と住民の生活向上を目的に1977年から始めた運動で、現在はケニア国内にとどまらず、タンザニアやウガンダなど約20カ国に広がっています。
(写真提供/毎日新聞社)

学校支援
MOTTAINAI SCHOOL
営業所検索
展示場
PAGE TOP
サイトポリシー
個人情報について
お問い合わせ
ホーム